第2回 鑑定士検定募集要項

コーヒーの原料調達・製造管理・品質管理等、極めて高度な専門的なコーヒーの知識と
鑑定技術を取得した方を認定します。

検定内容

目的

●(社)全日本コーヒー協会関連各社のコーヒー知識・技術の向上を図る。
●消費者が評価するコーヒーの生産と消費の促進・振興を目指す。

検定形式

[商品設計][生豆鑑定][品質管理]の3教科による講習会と検定試験

●講習のお申込みは教科別に受付致します。最も興味のある教科、もしくは実務で携わっておられる分野だけの受験が可能です。

試験内容

コーヒーの原料調達、製造加工、品質管理などに専門職に求められる以下の知識と技術を有するものを各教科とも「マスター」として認定し、3教科全てのマスターを取得された方を「鑑定士」とします。

1.商品設計
さまざまな市場や要望に対して、品質・コスト・製造条件などを考慮して適切な商品設計の仮説を想定できること。

2.生豆鑑定
生豆のグローバルな知識と外観からカップテストに至る鑑定技術を有し、品質格付や原料価格の妥当性、安定性などを見極められること。

3.品質管理
品質に起因する問題が生じた際に環境や設備に応じて相応の改善策や解決策を示すことが出来ること。

受講・受験対象者

コーヒーインストラクター1級合格者

※ 第8回より1級取得後、1年以上経過しなくても受験可能となりました。

本検定講習会を受講された方のみ検定試験を受験できます。
(受験のみの参加はできません。)

講習会・試験会場スケジュール

[ 第12回 鑑定士検定日程ページ ] をご参照ください。

定員について

定員は各会場、各教科20名を予定しております。
定員を超えるお申込があった場合には、抽選とさせていただきます。
抽選結果はすべての方に書面にて連絡させていただきます。

お申込期間

2017年7月3日(月)12:00〜7月18日(火)17:00 (必着)

受講・受験料・合格時の諸費用

受講・受験料

講習会受講受験料 40,000円/1教科 (消費税込み)

 ※講習だけの申し込みは出来ません。試験とセットでのお申し込みになります。


検定受験料 10,000円/1教科(消費税込み)
 ※再度受験される方で試験のみ受けられる方は上記金額になります。

合格時の諸費用

認定登録料(鑑定士合格者) 5,000円
(消費税込み 認定証・認定カード代含む)

認定登録料(マスター合格者) 3,000円
(消費税込み 認定証・認定カード代含む)

コーヒー検定教本(17年改訂版) 

4,000円(消費税込み・送料別)

※コーヒー検定教本をお持ちでない方には、教本代として別途料金が必要となります。

※旧コーヒー検定教本(2012年版)でも受講は可能ですが、それとは内容が異なる箇所を含む2012年版に基づいておこなわれます。2017年版を購入いただくことをお勧めします。

教本お申込はこちらから

受講・受験料のお支払い方法

受講・受験料及び検定教本料・合格時の認定登録料のお支払いは、以下のどちらかの方法でお支払い下さい。
(1)受験・受講希望者個人によるお振込
(2)窓口担当者による一括したお振込(企業一括お申込の場合)

※ お振込いただきました受講受験料はいかなる理由でもご返金いたしかねますのであらかじめご了承下さい。

 

不合格の場合の措置について

[商品設計][生豆鑑定][品質管理]の3教科で、80点以上取得した教科については、マスターとして単位を認定し、3教科全ての単位を取得した方をコーヒー鑑定士として認定いたします。

単位の取れなかった教科に関しては次回以降、再受験(試験料:@10,000/教科)していただき、3教科ともに単位を取得した時点でコーヒー鑑定士として認定いたします。

コーヒー鑑定士の資格と取得した単位は、共に永久資格です。

 

お問合せ先及び申込書送付先

全日本コーヒー検定委員会事務局 (担当:山田)
〒651-0085 神戸市中央区八幡通3丁目1-19 日精ビル4F (株)キットシステム内
TEL:078-252-8512 FAX:078-252-8550
E-MAIL:infokentei@jcqa.org
 

検定の規約

[ 鑑定士検定規約 ]

検定規約  お問合せ  プライバシーポリシー
Copyright(c) Japan Coffee Qualification Authority All rights Reserved.