全日本コーヒー検定委員会について

全日本コーヒー検定委員会は、全日本コーヒー商工組合連合会の傘下組織として2003年4月に発足しました。
当委員会では、コーヒー生産国に関することや、焙煎、抽出方法といったコーヒーの基礎知識から、品質管理や商品企画など専門的な知識までの幅広い分野を対象とした、我が国初のコーヒー検定の運営・管理を行っています。

※J.C.Q.A.は、Japan Coffee Qualification Authorityの略称です。

組織概要

名称 全日本コーヒー検定委員会
設立 2003年4月
委員長 鈴木修平(美鈴コーヒー株式会社)
副委員長 山下雅彦(山下コーヒー株式会社)
幹事
萩原孝治郎(萩原珈琲株式会社)
成田哲朗(成田珈琲株式会社)
村田光春(株式会社共和コーヒー店)
北浦正英(日米珈琲株式会社)
井上英司(ワタル株式会社)
高田良明(石光商事株式会社)
内田正昭(キーコーヒー株式会社)
皆水元則(株式会社ワールドコーヒー)
雲田将央(美松珈琲貿易株式会社)
松下和暁(株式会社松屋コーヒー本店)
岩山隆司(マウンテンコーヒー株式会社)
畔柳一夫(株式会社松屋珈琲店)
山本喜信(ワタル株式会社)
大浦智史(小川珈琲株式会社)
お問い合せ先

コーヒー検定委員会 事務局
〒651-0085
兵庫県神戸市中央区八幡通3丁目1-19
日精ビル4F 株式会社キットシステム内
TEL:078-252-8512
FAX:078-252-8550
Mail:infokentei@jcqa.org

委員長あいさつ

全日本コーヒー検定委員会委員長 鈴木修平

全日本コーヒー検定委員会
委員長 鈴木修平

当委員会は、全日本コーヒー商工組合連合会が正しい知識の普及と技術の向上を目的として立ち上げた我が国で初めてのコーヒーに関する資格認定事業を行っています。
当初、業界関係者だけを対象に開催して参りましたコーヒー検定を、2006年春より更に門戸を広げ、業界・所属企業等問わず、一般消費者の方も含めコーヒーを愛飲されている全ての方々に募集を行わせていただき、今では年間1,000人以上(鑑定士、1級、2級)の方が受講・受験いただいております。
認定者数も2018年6月には、鑑定士29名・1級1,026名・2級2級12,575名にもなりました。
合格者の最年少は11歳、最年長は71歳、男女比3:2と幅広くの方々に受験いただけるようにまでなってまいりました。
また、当委員会では2018年7月から、より身近な入門的な検定として、講習会の受講のみで資格取得できる「コーヒーインストラクター3級検定」を制定させていただくこととなりました。今後、2級以上の資格を目指される方にとっても、手軽にコーヒーの勉強を始めたいという方にとっても、大切な基礎をしっかりと学べる検定となっております。
食の安全が不安視されている昨今、コーヒーの正しい知識や普及と技術の向上を目指し、幅広い活動をすすめていきたいと考えております。

ページトップボタン